なんか吹っ切れたかな?

なんか、どうでも良くなった。
いやこれは前向きな意味で。

細かいことを気にしてたけど、どうでも良くなってきた。
相手の気持ちをいちいちおもんぱかっていられない。
そんな余裕は最初からないのだ。

そうだ。僕には余裕が無い。だからあれこれ色々なことを気にしててもしょうがない。
どうせ何ともならない時は何ともならないのだ。

ある意味吹っ切れた感じもする。

とりあえず今日は、久しぶりに仕事じゃない飲み会なので、楽しむことにする。

どうやら

仕事がなかなか手につかない。
やらなければならないことは解かってても、やり始められない。
前向きな気持ちが出てこない。
気持ちの疲れが抜けない。

どうやら、またウツ状態に入ってきたようだ。
無理するのは止めて、極力、気持ちに負担をかけないようにしていかなければ。

私の場合、仕事はなんとか自分でコントロールできるので、パフォーマンスは落ちるけど、対応は可能だ。
あとは家の方だ。

特に今年はこれから色々やらなければならないことがある。

焦ってるのかも。

花椒(ホアジャオ)中毒かも

明けましておめでとうございます。
昨日、ようやく新年号の編集作業が終わって、やっとこさ正月休みできる、とホッとしているところです。

締め切り直前の一昨日、疲労がたまるなかホアジャオとトウガラシで味を付けたレンコンを頂いた。辛さと痺れが実に心地よく、バクバクと食べてしまった。

実は昨年から、神田岩本町の「雲林坊」という坦々麺の店によく行っている。ホアジャオの痺れとトウガラシの辛さの刺激が何とも心地よく涼しげで、味が濃いにも関わらずサッパリと戴けてしまうので、もう病みつき。

痺れというのは日本にはあまりない味覚なので、苦手な人も多いけど、一度ハマってしまうと、もうホアジャオが無ければ生きて行けない気すらする。まさに中毒ですね。

あー、もうあの坦々麺が食べたくなってきた…

年末年始はいつも憂鬱

体調も精神的にもイマイチ良くない。
疲労感が強い。頭が回らない。出来れば何もしたくない。
必然的にボーッとする時間ばかりになる。
でも仕事は否応なく迫ってくる。
今年の年末進行は早めにスタートしようとしたけど、結局時間に追われることになりそうだ。

年末年始はいつも憂鬱。
仕事や親戚の集まりとか、クリスマスプレゼントみたいなイベントとか、疲れることが山積み。
寝てられる時間もあまりない。

この時期でこんなに疲れてて大丈夫か?自分。

せめて、今日の午後だけはゆっくりしよう。

喉の痛みは…

2週間前から喉が痛みだした。
最近始めた治療のせいかとも思ったが、どうやら違うようだ。
内科に行き、抗生剤と消炎剤をもらって飲んでも、痛みは酷くなる一方。
片方の扁桃腺がヒリヒリして、一時期は唾を飲み込むのも痛いほどになった。

たまらず、耳鼻咽喉科で診てもらった。
鼻から内視鏡を挿入されて喉を見た医者は
扁桃腺に水疱ができてます。こりゃヘルペスですね」

ヘルペス!?
「口の周りにブツブツが出来る奴」という程度の認識しかなかったので、喉に水疱ができるとは思いもよらなかった。
それにヘルペスって帯状疱疹にもなるんじゃなかったっけ?そんなの持ってたのか自分!
そう言えば、以前にも同じような喉の痛みがあって、長いこと治らなかったことがある。
あれもヘルペスだったのか…

耳鼻咽喉科でもらったヘルペスの薬を飲み続けると、わずか2日で痛みは和らぎ、今では全く痛まなくなった。ヘルペスに間違いない。

間違い…ない…。

バードウォッチングに行ってきた



 東京にはいくつか、バードウォッチングが出来る場所がある。これはそのうちの一つ、東京港野鳥公園で撮ったもの。大田市場の裏手に当たる場所だけれど、本当に都内とは思えないほど自然環境が作られて、多くの野鳥が集う。
 干潟が再現されていて、良く見るとハゼがカニと睨みあってた。結局、両者お互いに関心なし、で水入りとなった。干潟だけに。
 コサギが立つ水面が細かいさざ波で綺麗な模様を形作ってたし、花にはアゲハが密を吸いに来る。この公園は人が立ち入れる場所が制限されていて、野鳥優先の公園という珍しい作りだ。最初からバードウォッチング目的で作られていて、フィールドスコープもあちこちに設置されている。運営には日本野鳥の会も参加しているらしい。
 アクセスの不便さもあって、訪れる人はさほど多くない。
 静かに、野鳥を観察できる、数すくない公園だ。
 また今度、写真を撮りに行こうと思う。