花椒(ホアジャオ)中毒かも

明けましておめでとうございます。
昨日、ようやく新年号の編集作業が終わって、やっとこさ正月休みできる、とホッとしているところです。

締め切り直前の一昨日、疲労がたまるなかホアジャオとトウガラシで味を付けたレンコンを頂いた。辛さと痺れが実に心地よく、バクバクと食べてしまった。

実は昨年から、神田岩本町の「雲林坊」という坦々麺の店によく行っている。ホアジャオの痺れとトウガラシの辛さの刺激が何とも心地よく涼しげで、味が濃いにも関わらずサッパリと戴けてしまうので、もう病みつき。

痺れというのは日本にはあまりない味覚なので、苦手な人も多いけど、一度ハマってしまうと、もうホアジャオが無ければ生きて行けない気すらする。まさに中毒ですね。

あー、もうあの坦々麺が食べたくなってきた…